不整脈 症状 治療

不整脈の症状と治療について

スポンサーリンク

人間の一番大切な部分に当たる心臓とは筋肉によりできています。
身体に血液を送るポンプの役割を担っています。
心臓は、自分の意志とは反して、勝手に動作を繰り返していきます。
何故かと言うと、心臓の右上の方に、弱い電気を出す、洞結節という部分があり、そこから発した電気が心臓の内部を流れていくと、その電気に反応した心臓が収縮をするという構造になっています。
通常1分間に50から100回位規則正しく電気を出し続けて行くのが正常な状態なのですが、この心臓の中の電気が乱れることを不整脈と言います。

 

主な原因としては、心臓に病気を持っている場合が多いです。
心筋梗塞、狭心症、心不全などが原因となってきます。
これらの病気を治療する薬の副作用で、不整脈が出るということもあります。薬を服用するときは、よく医師と相談して、服用してください。くれぐれも自分で判断しないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

その他の原因としては、風邪や、脱水症状など、全身の体調や状態が良くないと、不整脈になるとも言われています。
他にも、加齢による不整脈もあります。

 

とはいえ健全な人でも、一日中心電図を測っても少しは不整脈が出るのです。ここで大切なことは、その不整脈が大丈夫か、治療が必要かを性格に診断することが最も重要になってきます。

 

不整脈の症状は、心臓の鼓動が早くなったり、逆に遅くなったりします。それによって自覚症状が現れます。
脈が早いと、ドキドキしたり、胸の圧迫感を感じることもあります。

 

脈が遅過ぎると血液の循環が悪くなるので、全身の倦怠感、めまい、時には失神することもあります。
しかし自覚症状がない状態でもたまたま、自分で脈を見て気付いたり、健康診断で見つかるということも多くあるようです。

 

不整脈は心配のすることのないようなものから、命の危険にさらされるものまで、いろいろな種類があるのです。
普段からの生活習慣を規則正しく送ること、健康診断は毎年きちんと受けること、そこで異常が見つかった場合は、必ず病院にいって医師の診断を受けましょう。

スポンサーリンク