洞性不整脈 原因

洞性不整脈の主な原因

スポンサーリンク

洞性不整脈とは、洞が壊れる事で洞結節が動かなくなります。
すると心房が動かなくなり、心室が動かなくなります。
心室が動かない事で血液の循環が止まってしまいます。
これらの事が原因で起こるのが洞性不整脈になります。
この病気は主に洞不全症候群によって引き起こされる事が原因であると言われています。
またアダムス・ストークス症候群に発展する恐れもあるので注意が必要とされています。
心臓が止まっている時には補充収縮といって、洞結節以外が代わりに刺激を発生して心臓の動きを助けてくれます。
これが心室などで起こる事で脳に血液を送る事が出来ます。
この補充収縮が無い場合は、心臓が止まりますので洞性不整脈を診た時には、この補充収縮があるか無いかが非常に重要になります。
スポンサーリンク

洞性不整脈は、高齢者に非常に多く、薬で起こる事もあるのですが徐脈や頻脈を起こすタイプがあります。
具体的には、3つに分類されます。
一つは著しい徐脈がある場合は、心拍数は50未満とされています。
次に洞の停止または洞房のブロックでP波が急に出なくなる現象です。
他には徐脈頻脈症候群というもので、徐脈と頻脈をくり返し起こす事が主な原因になります。
頻脈の場合は心房細胞の事が多く、将来的には大事な静脈に支障をきたす事があるので、ペースメーカーを埋め込んだ方がいいと言われています。
臨床的にはアダムス・ストークス発作と呼ばれ、脳虚血発作や心不全または易疲労性などの症状が慢性的に出現する場合をいいます。
また心房粗動や心房細胞、発作性上室性頻拍など合併する場合があります。
スポンサーリンク