脈拍 早い 対処

脈拍が早いときの対処とその原因

スポンサーリンク

不整脈とは、脈拍が不規則になってしまう状態のことを指します。
早くなったり、遅くなったりなどさまざまなタイプがあります。
脈拍は、興奮や緊張があるときなどに、交感神経の働きによって普段よりも早くなります。
しかし、極端に早い場合、頻脈性不整脈である可能性があります。
これは脳貧血などを併発する場合があるため、意識を失うこともあります。
このときの対処としては、起き上がったままでいるのをやめ、すぐ横になって心臓に無理をさせないようにすることが有効です。
早い状態が続く場合は心臓や身体に負担がかかるため、病院で検査を受けることも必要でしょう。
多くは日常でのリラックス状態を上手につくっていけば改善していくことができます。
スポンサーリンク

不整脈の原因として、日常生活のストレスがあります。
緊張や不安感などのストレスがかかることによって交感神経が高ぶり、脈拍が早い状態に陥ってしまうのです。
まずは日常生活のストレスを見直すことからはじめましょう。
また、睡眠不足や過労、食習慣の乱れなど、身体にかかるストレスも脈拍が早くなってしまう原因になります。
これらを改善していくことで不整脈の予防になるのです。
筋肉をほぐすことも不整脈の改善に効果的ですので、少しずつでもいいので、ストレッチなどの習慣を取り入れるようにしましょう。
また心筋梗塞や心筋症など、心臓に疾患があることによって不整脈の症状が出ることもあります。
1分間に120回を超える脈拍がある場合は自分の判断でで対処しようとせずに、早めに病院を受診しましょう。
スポンサーリンク