不整脈 頻繁 原因

頻繁に起こる不整脈の原因と治し方

スポンサーリンク

不整脈とは、刺激伝達系のどこかに障害が起こり、心臓の収縮リズムが乱れた状態です。
脈が早くなることを頻脈と言い、脈が早くなると心臓が十分な血液を送り出せなくなってしまい、吐き気や冷や汗、意識が遠くなるといった症状が出てきます。
反対に、脈が極端に遅くなり脈がとぎれるようになることを徐脈と言い、脈が遅い状態が続くと体を動かす時に息切れをするようになり、眩暈がしたり、酷い場合は意識がなくなって倒れたりします。
原因は心臓自体に病気があり、心臓の筋肉が障害を受けていることがあると起こりやすくなります。
また、生まれつき刺激伝達系に異常がある場合や加齢、高血圧や喫煙、精神的なストレス、薬の副作用など、心臓に負担をかける様々な要因が合わさって起こる場合もあります。
スポンサーリンク

不整脈が頻繁に起こる場合は、原因に心臓の病気が隠れている場合がありますが、不整脈が頻繁に起こる人に共通しているものとして、タバコを吸っていたり、コーヒーなどカフェインが入っているものを毎日何杯も飲んでいたり、お酒が好きといったことが挙げられているので、できるだけ控えるように心掛けるようにします。
不整脈は全く問題ない場合が多いですが、何らかの病気になっていることも少なくはないです。
不整脈の治療法はめざましく進歩しており、症状自体は治すことが可能になっているので、医師と相談をすれば効果的な治療を受けることは可能です。
治療の中心は薬物療法となりますが、その他にもペースメーカーや除細動器、外科的手術などの治療法もあります。
スポンサーリンク