頻繁に脈が飛ぶ 原因

頻繁に脈が飛ぶ症状が出たら早めに原因を突き止めましょう

スポンサーリンク

人脈、山脈と世の中には脈が付く言葉が多くあります。
しかし単に脈という一言で表している場合は、医学用語の一つである脈拍である可能性が高いです。
脈拍の正常値は、成人であれば一分間に60〜100回が基準値の範囲内とされています。
通常であれば一定のリズムで打たれているので、整脈とも呼ばれています。
この整脈の対義語としてあるのが、不整脈になるのです。
遅すぎたり早すぎたりするリズムの場合は、不整脈とみなされることもあります。
通常であれば一定にリズムで打たれている脈が、急に飛んでしまうこともあるのです。
ただ病気が原因であるとは、限らない場合もあるのです。
人の脈拍は、加齢や激しいストレスによっても変動してしまいます。
不整脈が起こる原因は、人によって違ってきますし、危険なものとそうでない場合があるのです。
スポンサーリンク

脈が正常ではないと考えて、不安を感じる場合も多くあります。
不安をそのままにしておけずに、病院へと行くケースが多いです。
多くの場合は、不整脈が起きても治療の必要がないことがほとんどになります。
しかし中には、危険な場合も含まれているのです。
危険な不整脈とは、特に何もしていないのに突然動悸や息切れがしたりする症状です。
急に失神状態を起こすといった場合も、危ない症状の一つといえます。
規則正しいリズムを打っていた脈が、不自然な動きをみせることを不整脈といいます。
頻繁に脈が飛ぶといった症状が起き、上記した突然の失神や息切れなどが起きた時は、迷わずに受診することです。
何らかの病気が原因で、心臓の動きが弱り頻繁に脈が飛ぶといった症状が起こっていることがありえます。
不安が続けばそれもストレスになるので、早めにかかりつけの医師に相談することです。
スポンサーリンク