呼吸性不整脈 原因

呼吸性不整脈とその原因とは

スポンサーリンク

呼吸性不整脈とは何なのでしょうか。これは心臓に何らかの異常があって起こっていることが多いです。
これはその名の通り、呼吸をしている時に起こる不整脈です。

 

不整脈にも様々ありますが、これは身体の生理現象であり、治療の必要が殆ど無いと言えるでしょう。
呼吸をするということは、人間が生きていくうえで、欠かせないことです。呼吸を止めてみると脈拍があがりますよね。そして呼吸をすると脈拍は下がっていきます。
脈拍は日々の生活の中で上がったり下がったりしているのです。

 

運動している時も呼吸の数が上がり、脈拍も上がります。これも見方によって、呼吸性不整脈ということができます。
次に呼吸性不整脈のメカニズムについて見ていきましょう。
呼吸性不整脈は脳からお腹のあたりまで、張り巡らされている迷走神経が大きく関わっています。

スポンサーリンク

迷走神経は内臓を整えたり、5感などの感覚を脳に伝えております。息を吸った時は迷走神経の働きが抑制され、履いた時には迷走神経はよく働きます。

 

今はストレスも病気の原因と考えられています。日本でもうつ病の患者というのはとても多くいらっしゃます。
しかし、ストレスによっては過呼吸などの症状も見られる場合があります。
こういったことが原因で、不整脈が起こりますが、ストレスを軽減させることによって次第に不整脈はおさまっていくでしょう。

 

こういったことから、呼吸性不整脈は生理現象なので、治療する必要はございません。
呼吸で、不整脈が起こると不安になってしまいますが、ストレスや、別のところに原因があるので、呼吸で不整脈が起こるということは、生理現象なのでそこまできにすることは無いでしょう。

スポンサーリンク