脈圧 弱い 低血圧

脈圧が弱い、低血圧症の原因と対処法

スポンサーリンク

心臓は身体全体に血液を循環させるポンプの働きをする最も重要な内臓です。そして低血圧とはその心臓の送り出す力が、手足の先の方から血液を心臓側に送り返す力が弱いことを言います。

 

人間は常に血液を循環させて生きていますので、低血圧によって循環が悪くなってしまい生活にもいろんな支障が出てきます。
一番想像がつくのが、朝がなかなか起きられない人は低血圧ということになります。

 

ほかの症状として、疲れやすかったり、肩こりや不眠など、虚弱ば体質になっていきます。そういった体調がよくない症状は他にも、たった瞬間に、頭がふらふらして立ちくらみをしたり、長い間立っていると、具合が悪くなってしまいます。
このことを起立性低血圧といいます。
主な原因としてかんがえられるのが、自律神経が弱まったり筋力の低下によって、立った時に、脳まで血液が行き渡らないのが原因としてあります。

スポンサーリンク

 

そしてとくに注意が必要となってくるのが二次性低血圧です。これは何らかの病気が原因で起こっています。

 

とくに注意が必要な病気が、心筋梗塞、白血病、うっ血性心不全などが挙げられます。
脈圧が小さかったり、弱い場合でも、安易に放置せずに早いうちから病院にいって治療してもうようにしましょう。

 

とくに心臓病の場合は命の危険がとくに高まりますので、早期発見することでかなりの確率でいい方向に向かっていくでしょう。
しかしそうはいってもなかなか自覚症状のないことなので、うつと勘違いしてしまうケースもあります。
自宅に血圧計を用意するなどして、自分の血圧を把握しておくこともとても大切になってきます。

スポンサーリンク