脈が早い 対処 メモ

脈が早い時の対処法はメモをとろう

スポンサーリンク

大きな病気にかかったことのない人や、健全な人ならば脈拍のことは普段から気にしていないとは思いますが、会社の健康診断などで、測定すると脈拍がやたら早いということがあって、不安になっている人もいるかと思います。

 

平均的な脈の速さは、1分間に60から100と言われていますが、100を超えてくる人は明らかに脈が早いと言えるでしょう。

 

どちらかと言うと男性よりも女性の方が頻脈になりやすいですが、原因の一つとしてホルモンバランスが崩れたりすると、肌が荒れたり、脈が早くなったりしてしまいます。
1分間に120を超えるようでありましたら病院にいって医師に相談するほうがいいかとおもいます。150を超えてくるようでありましたら、身体にも以上を感じるようになりますので、早めの対処が重要になってきます。

スポンサーリンク

頻脈に対する対処法としてはどういったことを気をつければいいのかというと、まずはその頻脈のことをよく自分自身で知るということが重要になります。
いつその頻脈が起きているか、一日のなかで気にしておいて、記録を取るようにしましょう。
運動しているときか、なんにもしていない時に突然なったのか、そして症状どれくらい続いたのか、それをよく知っておくようにしましょう。

 

やはりそういった症状が頻繁に起きた場合は、自分ではどうすることもできない場合が多いので、医師に診断してもらうのが一番いい方法かと思います。

 

その際に、そういった記録をとっておくと、医師も性格な判断がしやすくなりますので、ぜひ試してみたください。毎日を健康に過ごすためには、早め早めの対応を心がけていきましょう。

スポンサーリンク