息が詰まる

脈が速く、たまに息が詰まる原因について

スポンサーリンク

普段の生活を送っていく中で、体調が悪くなったりということは誰にもあることでしょう。今回は、脈が早かったり、たまに息が詰まったり、息苦しかったりする原因について見ていきたいと思います。

 

息苦しい症状というのは、自立神経失調症の症状の一つとして挙げられます。他にも動悸や手足の震えといった症状もあります。
しかしそう診断されていなくても、仕事やプライベートでストレスが溜まっている人は、息苦しい症状や息が詰まったりという症状があらわれることもあります。

 

息苦しいとは主にどういった症状なのか、それは呼吸が早くなって息をするのが苦しく感じる、呼吸をするとき吸う時の息が浅くなって、息がうまく吸えない、喉が締め付けられるように感じるなどのような具体的な症状があります。

スポンサーリンク

ストレスが原因の場合は、交感神経が活発に働いているので、全身の筋肉がいつも緊張していて張り詰めた糸のような状態になっています。

 

このことによって気管支の周りの筋肉も緊張してしまって、そのことが原因で呼吸がうまくできず息苦しいということになってしまいます。
このことを解消するためにはストレスを解消することは必須ですが、すぐにできることもありますので少し紹介していきます。

 

息が吸えないという症状ですが、息を吸えないというよりは息を吐ききれていないというところに着目をしてみてください。
息を吐くほうに重点をおいて、ゆっくりと呼吸してみましょう。

スポンサーリンク