二段脈 原因

二段脈の原因とは

スポンサーリンク

まず不整脈とは、心拍の鼓動、脈の打ち方が、不規則になるなどおかしくなることを意味します。
脈が速くなることもそうですが、遅くなることも不整脈の一つとなります。

 

脈は、心臓からの血液が血管に伝わって、脈を打つのでその脈が、速くなったり遅くなったりするということは心臓のリズムに以上をきたしているかもしれません。
一般的に考えられる原因としては、加齢や、体質によるものです。
ですので必ずしも、不整脈だからといって心臓病に直結するということはありません。
年齢を重ねるごとに不正脈は増えていきますので、そのことをまず理解しておくと良いでしょう。
そして年齢もそうですが、ストレスや睡眠不足や疲れなどでも不整脈は起こる場合があります。
こういったことが原因としてあるものの、全く心配しなくていいというわけではありません。

スポンサーリンク

身体にすごく以上を感じた時は早めに医師の診断を受けることをオススメします。
不整脈には種類が幾つかあります。
今回は二段脈について見ていきます。

 

不整脈は、放おっておいてもいいものや、危険なもの、すぐに処置しないといけないものまで種類があります。脈が短い場合は少し危険が高いので注意してください。

 

二段脈とは、正常な波形の中に2回連続して乱れる脈のことです。二段脈の特徴は、正常な脈と不規則な脈が交互に規則的に起こります。

 

二段脈は危険性は高くありませんが、頻度が増していくとそれだけ危険性も高まります。

スポンサーリンク