脈拍 早い 原因

脈拍が早い原因と対策

スポンサーリンク

一般的な人の脈拍は、平均で1分間60〜100です。
しかし、脈の早い人は100を超えています。
女性の方が脈が早くなりやすく、ホルモンのバランスが崩れることが原因です。
更年期障害でホルモンが減少したり、甲状腺のホルモンが過剰に分泌されるなど、自律神経の乱れで脈が早くなったり、遅くなったりする不整脈が起こります。
脈が早くなる頻脈は、全身のだるさやめまい、貧血などの症状がある場合、心臓が弱っている可能性があります。
健康な人でも起こる緊張やストレス、突然の出来事など少し落ち着けば治るものは心配ありませんが、1分間に120〜150を超える場合は血圧の低下や息苦しい症状が出て危険ですので、早めに病院を受診して下さい。
スポンサーリンク

脈拍が早い頻脈は、食生活の乱れやストレス、運動不足が原因です。
脂っこくて高カロリーな食事や動物性たんぱく質の摂りすぎ、濃い味付けなどは頻脈を起こしやすくなります。
また、間食や暴飲暴食、炭酸飲料やお酒の飲み過ぎ、たばこなども原因です。
ストレスを溜めることも不眠になったり、肩こりや疲労で脈拍が乱れます。
運動不足は基礎代謝が下がって肥満になり、心臓病や生活習慣病を発症します。
このように、生活の乱れが心臓に負担をかけます。
軽い不整脈を繰り返すような場合は、体が生活に注意するように警告を出してくれています。
食事は規則正しくパランスのよいものを摂り、睡眠と休みをしっかりとって、生活全般を見直すことが大切です。
スポンサーリンク