ストレスで起こる症状

ストレスが原因となり起こる不整脈

スポンサーリンク

ストレスは日々生活をしているなかでも無意識のうちにストレスがかかっています。私生活や仕事ではストレスがかかっていますが、このストレスが様々な病気の原因であることが近年明らかになってきています。ストレスがおこす症状として不整脈が考えられます。

 

今回はこのストレスと不整脈の関係などについて見ていきたいと思います。
ストレスが与える影響といえば、人はストレスを感じると血圧が上がります。その結果ドキドキしたり不整脈を起こしてしまうということになります。
仕事でミスをした時など上司に怒られている時などはかなり胸が苦しくなっていたりストレスを感じますよね。

スポンサーリンク

ストレスによる不整脈は一時的無ものなのでそこまで心配することはありませんが、やはり年齢を重ねるごとに、不整脈は慢性的なものになっていきます。
慢性的に不整脈になるということはもう健康な状態ではないので、不整脈の病気と言えるでしょう。
脈が速くなったり、逆にストレスが原因で脈が遅くなることもあります。

 

現代は日本人はストレスが原因のうつという病気もおおくありますのでストレスを避けられないような環境にあります。
ストレスをため続けることなく、しっかりとストレスを解消して不整脈にならないような生活習慣が大切になってきます。スポンサーリンク