アルコール 不整脈 原因

不整脈の原因はアルコールにあるかも??

スポンサーリンク

不整脈にはいろいろな原因が考えられますが、原因の一つとして、アルコールが考えられます。
お酒を適量飲むことは、身体の疲れが取れたり、気分もリラックスするという効果もありますが、その半面飲み過ぎると、二日酔いなどで、身体には大きな負担をかけてしまいます。
お酒にもいろんな種類がありますが、全てのお酒にアルコールが入っていますので、ビールや焼酎、カクテルなどどんなお酒でも同じことがいえます。

 

適量飲むことはいことですが、過度な飲酒は絶対に避けていきましょう。
今回は、そんなアルコールと不整脈の関係について見ていきたいと思います。

 

アルコールはなぜ不整脈の原因になるのでしょうか。
アルコールを体内に摂取すると、ほんわか身体が暑くなったり、脈が早くなったりしますよね。ということは、身体の血流が活発に動いているということになります。

スポンサーリンク

血液が活発に循環しているということは、血圧が上がりますので、心臓がびっくりして、異常な動きを起こしてしまうということになります。
なので、お酒を飲む時も少しずつ飲むことがとても重要になってきます。
一気飲みと言うのは、場は盛り上がるかもしれませんが、それだけ危険なことなので、絶対に控えるようにしましょう。
飲み会などの、一気飲みも要注意ですが、毎晩自宅でお酒を飲む人も要注意です。アルコールは不整脈を起こしてしまうと、別の病気を発症してしまう可能性があります。

 

普段から不整脈が慢性化したり、高血圧にもなりかねないので、アルコールの飲み過ぎには注意していきましょう。

スポンサーリンク