不整脈  原因 タバコ

タバコは不整脈の原因になるのか!?

スポンサーリンク

不整脈とは脈を打つ回数や、強さが不規則になったり、異常を起こすことを言います。
いろいろな原因が挙げられますが、その中の一つとして、タバコがあります。

 

今回はそのタバコと不整脈の関係について見ていきたいと思います。
タバコは誰もが知っている通り、身体に悪影響を及ぼします。有害な物質を肺に入れることで、脳や心臓、血管に強く影響します。
不整脈も心臓と血管に大きく関わって来ますので、タバコが原因となり、不整脈になるということになります。

 

直接的な原因とはなりませんが、タバコを吸うと血管が収縮します。本数を多く吸う人でありますと、その収縮する回数も多くなってきます。それが結果的に脈に影響をしているということになります。

スポンサーリンク

タバコの中に含まれるニコチンは血管に大きく影響を及ぼし、血流を変化させます。
心臓は常に血液を循環させていますから、タバコという外的な刺激で、心臓がびっくりしてしまい。不整脈を起こしているということになります。
タバコのニコチンには依存性があります。タバコをやめようと思っていても、なかなかやめられない人はこの物質に原因があるのです。
やはり不整脈が慢性化していくといろんな病気の可能性も示唆しておかないといけなくなります。
そういったことを考えるとやはりタバコは良くないので、できることならばやめたほうがいいでしょう。

 

タバコだけでなくタバコをきっかけに、不整脈から心臓の病気も心配されます。何らかの異常を感じた時はすぐに医師に相談しましょう。

スポンサーリンク