不整脈 症状 咳

不整脈の症状の一つに咳が関係している!?

スポンサーリンク

不整脈は脈を打つ回数や速さが一定ではなく異常をきたすとこをいうので一件心臓の病気のように思われがちですが、原因は加齢や運動不足、ストレスなどいろいろ考えられます。
一番の原因は加齢で、歳を重ねていくと、体のあらゆる昨日が低下していってしまいます。それと同時に不整脈も起こるということになります。ですので歳をとっていくと誰もが不整脈になる可能性があります。

 

主な症状としては、脈が通常よりも早い場合は動悸が現れ、脈が遅い場合は血液の循環が悪いのでめまいを起こすようになります。

 

ひどい時には意識を失ってしまったり、吐き気などの症状がでる場合もありあます。しかし不整脈でもそういった症状が全く出ず、自覚症状のない人もいるのです。このような感じで、不整脈には様々なパターンがあるのです。

スポンサーリンク

自覚症状がない人は自分で気づくことができないので、会社の健康診断などで、医師に指摘を受けて初めて気づくということも多いです。
そして不整脈に症状として咳が長時間続いていく場合があります。
咳は、喉や肺に溜まった異物を吐き出すために起こっていることなのですが、不整脈の原因として心臓肥大を起こしているということが原因となっている場合もあります。
心臓肥大をしていると不整脈の症状がでやすいということになりますので、咳が止まらない時は、不整脈や他の病気の可能性も考えられますので注意が必要になってきます。
少しでも不安に感じた時は早めに医師に相談しましょう。
何事も早く早く対処していくことが重要になってきます。

スポンサーリンク