不整脈 怖い 怖くない

不整脈の症状は怖いのか怖くないのか?

スポンサーリンク

不整脈は様々な原因がありいろんな症状もあります。
今回は不整脈という一つの更年期障害でもあることについて解説していきたいと思います。少しでも気になる人は是非参考にしてみてください。
一般的な不整脈はストレスや加齢に伴うものがとても多いのでほとんどの不整脈はそこまで心配する必要は無いでしょう。
症状としては脈が飛ぶ時がときどきあったり、脈が弱くなった時などはとくに心配は必要ないでしょう。
逆にストレスや不安によって脈が以上に早くなる時は、落ち着いて深呼吸をしたりストレスを解消することによって不整脈も改善していきます。
これらの症状は他の器官にも影響を及ぼすことは少ないでしょう。
しかしその中でも注意が必要な不整脈というのもあります。

スポンサーリンク

<突然動機が起こる>
突然の動機が発生した時は注意が必要です。1分間に150異常の頻脈の時は診断と治療をすることが必要になってきます。

 

ここまで頻脈が置きてしまうと血圧が下がり、息が苦しくなります。
この頻脈が心室から起きているときはとても危険になります。全身に新鮮な血液が送り出せなくなってしまいます。

 

<意識が突然なくなって失神する>
何もしていないのに突如フラッと意識が遠のくという症状が出た場合は心臓を動かす機能に異常が出てしまって、一時的に心臓が止まっているということが考えられます。

 

このように不整脈には心配しなくてもいいものから、すぐに診断が必要なものまでとても判断が難しいものだといえます。
少しでも不安に思ったり異常を感じたらすぐに医師に相談してみましょう。何事も早期発見早期治療が一番の治療法になります。

スポンサーリンク