不整脈 治療

二段脈の治療について

スポンサーリンク

不整脈とは心臓のリズムが乱れたり、心臓の動く回数が多くなったり少なくなったりする疾患です。
心臓には心房と心室があり、上部を心房、下部を心室とよんでいます。
心房と心室はさらにそれぞれ、右心房と左心房、右心室と左心室に分かれます。
このうちの心室が原因でおこる心臓のリズムの乱れに、心室性期外収縮というものがあります。
心臓のリズムが乱れている場合に期外収縮と医学的に呼んでいます。
この心室性期外収縮が正常な脈と交互におこるとき、これを二段脈と呼びます。
不整脈の問題症状は、リズムが乱れることにより起こるのですが、心室性期外収縮は比較的安定したリズムで起こります。
そのため二段脈も比較的一定のリズムで出現することが多く、特に具体的な症状がみられる疾患ではありません。
基本的には、無害な疾患といえます。
しかし二段脈が長期に渡って続く場合、他の危険な不整脈に発展してしまう可能性があります。
そのため、二段脈がある場合には経過観察が必要になります。
スポンサーリンク

二段脈の治療は、この疾患が他の不整脈を合併した場合です。
具体的には心室性期外収縮の数が増加した場合です。
心室性期外収縮の数が増加した場合、それは心室頻拍という疾患に移行しやすいことを意味しています。
心室頻拍は、洞房結節という心臓の動きを司っている部位の制御が効かなくなり、心室が勝手に動き出す疾患です。
洞房結節は心房にあるので、心房と心室が連携した動きをとれなくなることで、心臓が体や脳に十分な血液を送れなくなります。
バイタルサイン上では、血圧は低下し、脈は速くなります。
治療は、薬物療法が第一選択です。
不整脈が起こりづらくなる抗不整脈薬を使用します。
これにより二段脈が減少すれば、それ以上の治療は必要ありません。
薬物療法で改善が見られない場合は、カテーテルアブレーションという治療を行います。
足の付け根から心臓まで血管の中にカテーテルを通して、心臓の不整脈の原因となっている部位を高周波で焼灼します。
スポンサーリンク