不整脈 原因 50代

50代女性の不整脈の原因

スポンサーリンク

心臓は一定のリズムで脈を刻んでいますが、このリズムが早くなったり遅くなったりする症状を不整脈と言います。
心疾患などの病気が原因となる場合もありますが、多くの方は加齢によって脈が乱れやすくなります。
特に女性の場合は40代から50代にかけて不整脈が起こる場合が多く、これはホルモンバランスに大きく関係しています。
閉経前後の約10年間は更年期となり、女性ホルモンの分泌が大幅に減少してしまって、様々な体への不調をきたしてしまいます。
不整脈もその一種で、更年期が原因となって起こります。
ホルモンバランスの崩れが自律神経に影響を与えてしまって、正常に心臓のリズムを刻めなくなり、不整脈や動悸、息切れなどを起こしてしまいます。
スポンサーリンク

他にも40代から50代女性の更年期に多い症状としては、発汗やホットフラッシュ、肩こりや腰痛、頭痛、冷え性など、様々な体の不調をもたらしてしまいます。
まずは心疾患などの病気が隠れていないかどうか、しっかりと専門の病院で診てもらって、検査をするのが大切です。
その結果、異常なしと出れば更年期による症状の一つですから、更年期の対策を行っていくのが良いでしょう。
症状が軽い場合なら、辛い時には体を充分に休めたり安静にしておくのがおすすめです。
最近は更年期に効果のあるサプリメントなどもあり、薬よりも体に穏やかに作用しますから、それらを活用してみるのも良いでしょう。
症状が辛い場合は、しっかりとホルモン治療などの専門的な治療を受けると良いでしょう。
スポンサーリンク