行き苦しい 脈が早い 原因

息苦しい、脈が速いなどの原因は貧血かもしれない

スポンサーリンク

息苦しい、脈が速いなどの症状に見舞われたことがあるという人は多いのではないでしょうか。
その原因は貧血かもしれません。
貧血は、ヘモグロビンという血液の中の赤血球の血色素が減少することで起こる疾患です。
ヘモグロビンには酸素を運搬するという機能が備わっており減少することでその機能も低下してしまい、息苦しい、脈が速いなどの症状があらわれてしまいます。
そのほかにも、動悸がする、疲れやすくなる、食欲がなくなる、頭が痛い、吐き気がする、眠くなる、血の気が引くような感覚があるなどの症状もあります。
突然立ちくらみやめまいを起こしてその場に倒れてしまうという人もいます。
それを避けるためには、自分のヘモグロビンの数値を常に把握しておくということが重要になります。
ヘモグロビンの数値は血液検査で手軽に調べることができますし健康診断や人間ドックなどの項目としても組み込まれていますので、定期的に検査を受けることが大切です。
スポンサーリンク

貧血を引き起こす原因には様々なものがあります。
病気や怪我での出血、食生活の乱れによる栄養の偏り、生理時の経血などです。
貧血の治療としては、投薬と食事療法が用いられます。
投薬は、点滴や注射や内服薬による鉄剤の投与です。
とくに点滴や注射は血管にダイレクトに働きかけることができるため即効性があります。
投薬後すぐに貧血が改善されるという人もたくさんいます。
貧血が改善されれば、息苦しい、脈が速いなどの症状も自ずと解消されて元気で健康な体を取り戻すことができます。
食事療法としては、栄養バランスのとれた質の良い食事を規則正しく摂取するということが基本となります。
栄養不足も貧血の大きな原因となりますので、ヘモグロビンを増加させる効果がある鉄分、ビタミンC、ビタミンB12、葉酸をたっぷりと食事に取り入れて造血につなげましょう。
効果的な食材としては、レバー、カツオ、マグロ、イワシ、牡蠣、あさり、ほうれん草、小松菜などがあります。
貧血の原因と対策を知って健康な体づくりに努めましょう。
スポンサーリンク