息苦しい 脈が早い 対処

息苦しい、脈が早いなどの症状の原因や対処法について

スポンサーリンク

息苦しい、脈が早いという症状を感じたことがあるという人は多いのではないでしょうか。
その原因は貧血である可能性があります。
貧血を引き起こすと体は酸欠状態に陥ります。
その原因は、ヘモグロビンの減少にあります。
血液の中の赤血球の血色素であるヘモグロビンには酸素を体内に循環させるという働きがあるのですが、減少することでその働きも弱まってしまい酸欠になるというメカニズムです。
そのため、酸素をうまく取り込むことができずに、息苦しい、脈が早いなどの症状につながってしまいます。
それだけではなく、動悸、頭痛、吐き気、眠気、寒気、倦怠感、食欲不振などの症状を伴うこともあります。
めまいや立ちくらみがして急に倒れてしまうこともありますので注意が必要です。
このようなつらい症状が出ているときの対処法としては、とにかく安静にすることが大切です。
横になって体を楽な状態にして様子を見ましょう。
血行を促進させるために体を温めることも重要です。
スポンサーリンク

貧血を引き起こす原因としては、病気、怪我、生理、栄養不足など様々なものが考えられます。
きちんと対処するためには、まずは原因を特定する必要があるので、病院で検査をするということも大切です。
そして、日頃から自分のヘモグロビンの数値を知っておくということも重要なことですので、定期的に健康診断や人間ドックを受けることも心がけましょう。
貧血の検査は採血で手軽に行うことができます。
検査で貧血であると診断された場合は、それなりの対処が必要になります。
病院での治療は、増血剤の投与が行われます。
点滴や注射で投与することが多く、直接血管に働きかけることができるのですぐに元気になる人もたくさんいます。
ヘモグロビンが増加して貧血が治れば、息苦しい、脈が早いなどの症状も改善されます。
そして、偏った食生活による栄養不足も貧血の大きな原因となるので、鉄分やビタミンを積極的に食事に取り入れて栄養バランスのとれた健康的な食生活を心がけるということも大切です。
スポンサーリンク