不整脈 10代 治療

10代の患者が発症する不整脈の原因とその治療法について

スポンサーリンク

10代の若い方が近年、学校の健康診断などで不整脈を指摘されるケースが増加しています。
10代の若い方の不整脈は、一般に遺伝による心疾患を有している場合以外は、人間関係などによるストレスや寝不足などの生活習慣の乱れ、スポーツによる心臓への過重負荷が原因と考えられています。
発症する不整脈は様々で、心臓のリズムが一時的に乱れてします期外収縮と呼ばれるもの、脈のリズムが速くなる頻脈といわれるもの、逆に脈のリズムが遅くなる徐脈とよばれるものなどがあります。
不整脈という疾患は、大半は心配のいらないもので健康な人にも起こりえるものです。
しかし、期外収縮の中には注意を要するものもあり、早期の病院受診が必要なケースもあります。
不整脈の検査には、心電図を用います。
心臓の電気的な流れをモニタリングすることで、心臓の異常を発見します。
より厳密に心臓の状態を調べるにはホルター心電図といって、24時間つけられる小さな心電図があります。
スポンサーリンク

10代の不整脈の治療は、生活習慣の改善とストレスケアが中心となります。
スポーツにより期外収縮や頻脈、徐脈の症状が出ている場合は、いわゆるスポーツ心臓の状態である可能性が高いです。
スポーツによる心臓への負荷が過剰な場合におこります。
医師と相談し、スポーツを続けるためにどんな治療が必要か知る必要があります。
人間関係などのストレスでも、頻脈や期外収縮がおこります。
ストレスへの耐性は遺伝的な要素なども関与しており、医師の診断が必要な場合もあります。
ストレスケアは近年、精神科医の増加によりクリニックが増え、都市部では充実してきています。
ストレス専門のクリニックもあるため、状況によっては受診することが適切である場合もあります。
寝不足などの生活習慣の乱れは、期外収縮を起こす可能性が高くなります。
10代では試験勉強や友達との遊びで、夜更かしすることも多いと考えられます。
しかし自身の健康について学ぶことも治療のうちです。
生活習慣が心臓にどのような負荷をかけ、それが将来的にどんな疾患につながるかといった健康教育が必要になります。
スポンサーリンク