洞性不整脈 症状

洞性不整脈の症状について

スポンサーリンク

不整脈には、頻脈、徐脈、期外収縮などがあります。
頻脈は、心臓が正常よりも早く動いている状態です。
徐脈は頻脈の反対で、心臓が正常よりもゆっくりと動いている状態です。
期外収縮は心臓の一定のリズムの中でリズムがずれる脈がある場合のことです。
心臓には心房と心室という部屋があり、上が心房で下が心室です。
心房、心室は左右二つに分かれており、右心房、左心房と右心室、左心室と呼んでいます。
洞性不整脈は、右心房にある洞房結節という部位が原因で起こる疾患です。
心臓は電気的な刺激を自ら作り出して動いています。
その電気的な刺激を作り出しているのが洞房結節になります。
よって洞性不整脈とは洞房結節の異常により電気的な刺激のコントロールがおかしくなっている疾患といえます。
この洞性不整脈は誰にでもおこるもので、基本的には問題となることの少ない疾患です。
しかし、一定以上の頻脈や徐脈がある場合、治療の必要な疾患となることも事実です。
スポンサーリンク

洞性不整脈は洞性頻脈と洞性徐脈に分かれます。
これらによって症状も変化してきます。
洞性頻脈の場合、一番多い症状は動悸です。
動悸とは心臓がどくどくと動くことを自覚する症状のことです。
また、頻脈時には心臓一回収縮あたりの血液量は減少するため、脳に行く血液量が減少しめまいを起こすことがあります。
洞性頻脈時には、めまいによる転倒に十分注意が必要です。
また同じような原理で、全身に行く血液量が減ることになり、全身倦怠感が出現することがあります。
頻脈時には無理な体動は控えるべきです。
頻脈の治療としては心臓の筋肉の一部を高周波で焼く、カテーテルアブレーションが有効な治療法です。
洞性徐脈の場合、心臓の動く回数が減少するため、血液が全身に回りづらくなります。
血液の中には酸素や栄養素が入っており、その供給が遅くなることになります。
この結果、めまいや意識消失が起こることがあります。
徐脈の治療としては、ペースメーカーを心臓に取り付けて心臓の動きをコントロールする治療方法が有効です。
スポンサーリンク