洞性不整脈 治療

洞性不整脈の治療について

スポンサーリンク

不整脈とは脈の速度やリズムが正常な状態から逸脱する疾患です。
その不整脈の中に、洞性不整脈という疾患があります。
洞性不整脈は、心臓の右心房という部位の周辺にある洞房結節が原因でおこる不整脈です。
心臓は脳の支配とは別に独自に電気的な刺激で動いています。
この独自の動きを可能にしているのが洞房結節から始まり心臓の全体に至る一連の電気の流れで、これによって心臓は弛緩収縮しているのです。
洞性不整脈ではこの洞房結節の働きに異常が生じます。
洞性不整脈は洞性頻脈と洞性徐脈があり、洞性頻脈の原因はストレスやアルコール、運動です。
病気による発症はあまりありませんが、バセドウ病のような甲状腺機能亢進症がある場合に見られることもあります。
洞性徐脈の原因は過剰な運動になります。
これらの不整脈は、健康な人にも自然に起こるものであり、そのほとんどは治療の必要のないものです。
しかし、時折これらの疾患が引き金になって、より重い心疾患に発展する場合があり、注意が必要な疾患といえます。
スポンサーリンク

洞性不整脈の治療が必要になった場合、洞性頻脈と洞性徐脈で対処方法は異なります。
洞性頻脈の治療は、カテーテルアブレーションになります。
カテーテルアブレーションは、足の付け根の太い動脈からカテーテルを入れて心臓まで伸ばし、洞房結節の周辺にある心臓の筋肉を高周波を使って焼くことで不整脈を止めます。
手術にならない治療方法なので、患者への負担の少ない方法です。
洞性徐脈の治療は、ペースメーカーを体内に取り付けることで治療します。
洞性徐脈は、正常なら心臓から出るはずの電気的な刺激が少ないために起こります。
そこで電気的な刺激が少ない場合には、それをペースメーカーが読み取って人口的な電気的刺激を補うことにより、脈の回数を正常にするのです。
ペースメーカーは人工的に電気を起こすため、電源には医療用の電池を使用しています。
そのため、定期的に電池の交換が必要になります。
交換期間は、技術的な進歩により伸びており、近年では約10年程度です。
スポンサーリンク