息苦しい 脈が速い 原因

脈が速い状態で息苦しい原因は

スポンサーリンク

不整脈とは脈拍に異常のある病気と思われがちですが心臓のリズムの異常のことを言います.通常心臓は一分間に60〜80のリズムで拍動が繰り返されます。
健康な成人で不整脈が全くない人はいないといえる程、一般的です。
原因は寝不足など不規則な生活習慣やアルコール、精神的なストレスなどで息苦しい症状がでます。
頻繁に脈が飛んだり、急に脈が速い状況になって胸が苦しくなって気分が悪くなったり、脈がバラバラに乱れたり、息苦しい気分で脈が速い場合や動悸が激しい時は気をつけましょう。
その原因が放置しておいていいのか、治療を要する不整脈なのか受診することが大切です。
不整脈そのものが危険というより陰に悪い病気が潜んでいると突然死にも繋がります。
スポンサーリンク

一般的な不整脈の原因はストレスや自律神経と深い関係があり、自律神経失調症のひとつでもあります。
原因の最も多いのが加齢です。
中高年になると心肺機能の衰えで誰もが少しずつ不整脈の傾向にあります。
不整脈の半数くらいは心臓の病気からですが、半数は毎日の生活から来るストレスです。
ストレスの場合は年齢に関係なく精神的ストレス、身体的ストレスにより全身の筋肉が緊張して体に負担がかかっていることが原因です。
不整脈を解消するためにストレス発散や食生活の改善や十分な睡眠などの生活習慣を正しくすることです。
脂質の多い物やカフェインなどをなるべく摂らないようにします。
筋肉の緊張をほぐすためにマッサージやストレッチなど適度な運動、ゆっくりお風呂で温まるなど自宅で手軽にできる方法がおすすめです。
スポンサーリンク