二段脈とは

二段脈とは正常の脈と期外収縮を繰り返します

スポンサーリンク

二段脈とは、正常の脈と期外収縮を代わる代わる繰りかえす不整脈です。
二段脈とは簡単にいえば、心臓の内容に一切問題なければ、多くの場合はリスクではありません。
二段脈をおこしていたとしても、病気の状態が顕れないことが起こります。
病気の状況がでる場合に何よりも多いと言えるのは動悸で、胸に限らず首で感じ取ることだってあります。
二段脈の期外収縮は素早く弱々しくおこり、そしてノーマルな収縮がおこるまでの時間が一般より長くなります。
そのため脈が消え去りとぶ感じがしたりアンバランスに実感することがあります。
加えて期外収縮が現れる時に、胸部の不快感や息切れ感もしくは咳、過剰な汗さらに熱感、疲労感などを訴えかけることもあります。
その他には胸痛そして呼吸困難、めまいもしくは失神などをおこすことにつながります。
これについては期外収縮が何回もおこって身体全体に血を送る心臓の収縮力が活動的でなくなって低血圧になってしまうためです。
スポンサーリンク

期外収縮が発生する二段脈が見つけられても、突発的で病気の状態が強くなければケアの対象にはならないと言えます。
病気の状況が何回もおこったり強力なとき、暴飲暴食や飲み過ぎもしくはタバコの吸いすぎなどが発見できれば、これらのライフスタイルを変えるようにします。
期外収縮が見られる原因になる利尿剤を用いているケースでは、薬剤のタイプを変更したり止めます。
心筋症であるとか心不全などの心臓の疾病あるいは甲状腺機能亢進などの他の内臓の疾病があれば、こうした変調を快方に向かわせます。
基礎となる問題が無いはずなのに二段脈が何回も顕れたり症状が強力な状態になっているときは、期外収縮に向けて交感神経の影響力をセーブするβ遮断薬等が利用されます。
スポンサーリンク